バリアート ~咲きこぼれる色彩を泳ぐアート~
ホームバリ絵画について

 

 

                I Dewa Putu Mokho

 

バリ絵画の歴史について

  バリ島の絵画の起源は16世紀後半にまで遡ります。ジャワ島で,イスラム勢力との争いに敗れたマジャバイト王朝がバリに逃れたことにより、バリヒンドゥーの芸能はこの島で独自の発展を遂げることとなります。バリ絵画は王宮の装飾のために描かれました。ヒンドゥーの神々や古代インドの叙事詩「ラーマヤナ」「マーハバラタ」が絵画の主題になっています。そのスタイルは影絵芝居ワヤン・クリッの人形柄を踏襲したもので、黒、白、黄、青、茶の五色を用いて木綿の布に平面的に描かれます。これはカマサンスタイルと呼ばれるもので今日まで4世紀近くも続いている最も古い技法です。王宮や寺院は何人もの絵描きを召抱え、儀式の際に飾られる絵巻物イデルイデルや巨大なランセ、カレンダーとして使われるプレリンタンガンなどをおもに描かせていました。

 1920年代後半から1930年代にかけてバリ絵画に新しい息吹が吹き込まれます。オランダ統治下時代に、バリに憧憬を抱いたアーティストたちがウブドに移り住み、西欧の技法を伝えます。ドイツ人画家ウォルター・シュピース、オランダ人画家ルドルフ・ボネ、メキシコ人画家ミゲル・コバルビアスたちです。かれらは遠近法や陰影のつけ方、彩色法などを伝え、バリの人たちはそれらを吸収して新しいスタイルへと昇華させていきました。バリの絵描きたちは日常の風景や豊かな自然を描くといった宗教が以外のテーマを知ったのです。それは、バリ絵画におけるルネッサンスでした。この頃、墨絵のような細密画であるバトゥアンスタイルとボネ主導によるバリの日常を描いたウブドスタイルが生まれています。また画材も木綿からキャンバスへ、伝統的顔料から絵具へと変わり、絵を売って生計を立てる画家が現れ始めました。

 その後、第二次世界大戦とインドネシア独立戦争という激動の時代を経て、バリ絵画はさらなる発展を遂げます。1950年代、オランダ人画家アリー・スミットが10代の子供たちを対象に絵画スクールを開きます。これにより、バリの日常や祭礼を鮮やかに描いたヤングアーティストスタイルが生まれます。さらに1970年代にはウブドの南、プンゴセカンに住む画家たちによってバリの花鳥風月をのびやかに描くプンゴセカンスタイルが確立されます。バリ絵画のせり上がってくるようなパワーは今日まで留まることを知りません。時代が進むと共にギャラリーの数は増加の一途を辿り、秀作の海外散逸を防ぐための美術館も建てられました。それに伴い、絵画が貨幣経済とも結びついて格差が生じ、トップアーティストたちの作品は世界中から求められています。伝統をひたすら踏襲する者と新しい表現に立ち向かう者、今と昔、古典と西洋、様々なスタイルが入り乱れ、現在のバリ絵画界は異様な熱気に包まれています。

 

                                                                                                                   

       Ide Bugus noman Rai

    バリ絵画のスタイル 

 

 カマサンスタイル 

 カマサンとはバリ島南東に位置するクルンクンにある村の名前です。マジャバイト王朝最後の土地であり、ここに王宮芸術が引き継がれたことからその名前がつけられました。バリ絵画の起源ともなったスタイルで古代インドの叙事詩「ラーマヤナ」「マーハバラタ」をテーマにしたものが殆どです。よって絵のなかにはストーリーがあり、それらは黒、白、黄、青、茶の五色で表されます。登場人物は斜め上から描かれ、遠近感はなく平面的な技法が用いられます。影絵芝居であるワヤン・クリッの人形柄を踏襲するすることからワヤンスタイルとも呼ばれます。

  

                     I Nyomn Arana

                                                           

 バトゥアンスタイル

 1930年代、ウブドより10キロほど南方に位置するバトゥアン村で生まれたスタイルです。基本的には黒、白、中間色を用いて森羅万象を隙間なく描きこんでいく細密画です。神話や民話、魔界の情景やバリの神秘などが主に描かれます。その技法は装飾的かつ細密的であり、異様でエネルギッシュです。1930年代にグンドンとバトゥラ兄妹が中心となって確立しました。これはカマサンスタイルと西洋の融合の産物であり、西洋の遠近法をバリならではの解釈で咀嚼したスタイルです。全体的に暗く重たい印象を受けますが、バリの文化の複雑さと奥深さを感じさせます。   

 

  

           I Gusti Ketut Kobot

 

  ウブドスタイル

 1930年代、ルドルフ・ボネ主導によって生まれました。バリの日常風景や豊かな自然が描かれます。西欧の影響が強く、遠近感や陰影、多様な色彩が取り入れられ、バリ絵画界にとっては大きな転換期となりました。画家たちは宗教画以外のテーマを知り、自らの可能性を広げていったのでした。またこの頃から絵を売って生計を立てる画家が現れています。

  

           I Dewa Putu Bedil

  

 ヤングアーティストスタイル

 1950年代、オランダ人画家アリースミットに師事する若いアーティストたちが生み出した画法です。鮮やかな色彩で細部まで丁寧に描き出します。陰影をつけずはっきりとした線で描かれるため遠近感はさほど感じません。一風コミカルにも見えますが、その技術は卓越しており絵に凝縮されたバリのエッセンスに見惚れてしまいます。バティック更紗を巻いた女性や稲刈り、棚田の風景、祭礼の光景などが豊かな感性で精緻に描かれます。このスタイルはヨーロッパ、特にイタリアで注目を集めました。

                           I Wayan Pugur

 

 プンゴセカンスタイル

  1970年代ウブド南のプンゴセカン村で生まれたスタイルです。イ・デワ・ニョマン・バトゥアンが設立したコミュミティ・オブ・アーティストの中でつくられました。下絵はウブドスタイルと同じく墨で描き、その上に色彩を重ねていきます。テーマは動物や自然であり、バリの花鳥風月を風致豊かに描くため日本人にも人気のあるスタイルです。もともとは淡い色彩で描かれていましたが、鮮やかな色彩の絵画も増えています。

     

                    I Dewa Putu Sena

 

 その他には描線とモノトーンの色遣いが特徴的なサヌールスタイル。1980年代に生まれ、遠近法と光の線を用いたカパルスタイル。特定の美術館でしかお目にかかれないガラス絵のシンガラジャスタイルや、バティック模様が特徴的なタナロットスタイル。また著名な画家の技法を模倣したレンパッドスタイルやウォルターシュピーススタイルなどがあります。

 

       Arie Smit

 

       I Nyoman Meja

 

 バリ絵画の現状

   現在、バリ絵画の人気はかつてないほど高まり、その稀有な世界観を内外に示しています。しかし、同時にバリは伝統的手法の喪失と商取引による名画の散逸という懸念を抱えております。これはバリ絵画における光と影といえます。ウブドの画商、バンデ・ワヤン・ステジョ・ネカが設立したネカ美術館に代表されるようにアルマ美術館、プリ・ルキサン美術館などにはバリ絵画の保護を目的として歴史的作品が所蔵されています。しかし一方では、過剰なほど乱立するギャラリーの、値がつくのなら何でも売ってやろうという商魂があちこちに見られます。また職業画家の多くも売れやすい作品、つまりモダンアートを描くことに傾いているようです。それは生活のためにモダンアートを描かざるを得ないということでしょうか。この懸念についてはクーリエ・ジャポンの弐〇〇六年月号にも取り上げられています。記事のテーマは「世界的人気のバリアートが10年以内になくなる!?」です。その記事によれば、伝統絵画を描くのに半月から一月かかるのに対して、抽象画は容易に仕上げることができる。実際、値はともかくとして抽象画のほうがよく売れる。抽象画へ転向するものたちのほとんどは創造力の欠如というより経済的な事情によるものである。といった内容になっています。それでも、記事の終わりにはバリ復興委員会による伝統絵画100周年展『伝統と名声』にふれ、(バリ絵画の)復興プロジェクトは最高の一歩を踏み出したのだ、という記述で締めくくられています。

 バリの職人たちの技術は卓抜しています。彼らは伝統的細密画からモダンアートまで確かな腕で器用に描き出します。しかし一大リゾートとして発展を遂げるバリは、否応なく貨幣経済に巻き込まれています。一つの例示として、ブッダの絵が挙げられます。バリはバリヒンドゥーを信仰しているのですが、あちこちにブッダの絵が散見されるのです。「どうしてヒンドゥーの神々ではなくブッタの絵を描くのですか?」 そう尋ねると彼らは答えます。「買う人がいるから」。そうして安価なモダンアートが大量生産され、大量に店頭に並べられるのです。また著名な作品のコピーも多く、バリの共同体の意識から黙認されているのが現状です。それで生計がたつのなら、といった具合なのです。

  しかしながら、伝統絵画のスタイルは脈々と受け継がれています。バリ島の神妙な精気を存分に含んで、卓抜した技術により具現化されます。バリの独特の魅力はある種の奇抜な様相の中にあり、伝統絵画はそれを体感させてくれるのです。

 

 

      I Made Surita

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス