マンダラ ~幾何学に宿る真理のアート~
ホームマンダラについて

     

 

                                              

 

  

 マンダラとは 

 

 マンダラとは、瞑想等の意図的行為や宗教的行為によって、ある光景や仏等がヴィジョンとなって現れるその記憶を描いた図のことです。このヴィジョンのことを聖性顕現といい、神の世界を感得したものがその時の有様を描いた図がマンダラと呼ばれます。また、マンダラは聖域であり、悟りの境地であり、仏教世界の構造を示した図でもあります。その構造はほとんどの場合、仏象や文字、精緻な幾何学の図形の組み合わせを下地に描かれます。描かれる内容は経典に記されているとおり各部の細かいところまで正確に描かなければなりません。なぜならこの細部のひとつひとつに特定の重要な意味が込められているからです。マンダラは宇宙的なエネルギーと意識との交信の現れであり、修行の際の深遠な拠り所になります。よってマンダラこそ仏教芸術の極地であると考えられているのです。なお、このマンダラの語源はサンスクリット語の「輪円」に由来し「mandala」の音をそのまま発音したものです。

 

 

 

                                             

 

 

 

    マンダラの歴史 

 

 マンダラの歴史は1500年前にまでさかのぼります。インドでは密教が成立する5、6世紀頃から曼荼羅の原初形態が現れました。そして密教の発展にともない大規模で洗練されたマンダラが描かれるようになったのです。しかし現在のインドには仏教が滅亡する前のマンダラは残っていません。現在、残っている最も古いマンダラの一部は9世紀初頭に空海が将来した胎臓界と金剛界のマンダラになります。

 7世紀には、仏教経典は一応の完成を見せており、それが唐時代の中国にて変容し、それから日本に伝わりました。また7世紀以降は仏教はネパールやチベットに受け入れられ、8,9世紀になるとヒンドゥーや土着文化の影響を受けて獣の面をした神や、男尊と女尊の交わるヤブユム(父母仏)の姿で表されるようになりました。さらにモンゴルにもチベット仏教の波は押し寄せました。当地の寺院や博物館には布地に描かれた古いマンダラが数多く存在します。またインドネシア、カンボジア、タイにも仏教は伝播し、一時はスリランカにおいても盛んに信仰されたと推測されます。カンボジアのアンコールワット群は明らかな大乗仏教の遺跡であります。

 一方、欧米においてもマンダラはその神秘性を高く評価されています。マンダラは欧米の精神世界にも影響を与え、とくに精神分析学者のユングはマンダラを精神医学に利用するようになりました。これは精神神経症の患者が回復期に描く図形にマンダラが類似することに着目した結果でした。現在,上質のマンダラは欧米のコレクターに求められることが多くなっています。

 

 

                                              

 

 

 

   マンダラの分類 

 

 インド後期密教においてタントラ(密教)経典を分類しようとする試みがありました。これはタントラ経典を所作、行(ぎょう)、ヨーガ、無上ヨーガの四分類に区別するというものです。タントラ経典の内容の違いによってそれぞれのマンダラに登場する神々の種類が異なり、またそのマンダラを前にして行う行法も異なるのです。この一般的な分類法は14世紀にチベット僧プトンによって確立され、ゲルク派、サキャ派などによって継承されたものです。

 ここでこの四分類法を簡潔に説明してまいります。

 

 所作タントラ

 所作タントラは日本の「雑密経典」に相当し、インドでは4世紀頃から編纂されはじめました。これは供養祭の仕方、手印の結び方、マンダラの造り方などの儀礼上の所作を中心に述べています。代表的な仏として薬師如来、観自在菩薩が挙げられます。

 

 行タントラ

 行タントラは、インドで7世紀後半に「大日経」に基づいて確立されました。これは所作タントラの段階から進んだ経典であり、行者の実践内容を語るものです。代表的なものは大日如来を主尊とする胎蔵マンダラです。しかしネパールではほとんど残存しておらず、世界に数点残るのみとなっております。これはヨーガタントラ、無上ヨーガタントラへの移行が早かったことと、ヒンドゥー教の影響を強く受けていたためにチベットではそれほど重要視されなかったことに起因します。

  

 ヨーガタントラ

 ヨーガタントラは8世紀前半に確立した「金剛頂経」とその部類の聖典です。チベットではヨーガタントラ系のマンダラの種類が多く、よく目にすることができます。その根本となるのが大日如来を主尊とする金剛界マンダラです。 また死者に捧げる悪趣清浄マンダラも多く遺されています。

 

 無上ヨーガタントラ

 無上ヨーガタントラはインドで8世紀以降に成立した後期密教の聖典群であり13世紀初頭までにこの種の様々なタントラ経典が成立しました。日本にはほとんど伝えられていませんが、究極の生エネルギーの昇華を意味するものとして最上級の評価を与えられています。このタントラは女神崇拝の色が濃く、マンダラには男尊と女尊が抱き合った姿で表されるため寺院で目にすることはまれです。代表的なものとして、秘密集会マンダラ、ヘーヴァジュラタントラ、チャクラサンバラタントラなどが挙げられます。

 

 

 

                                         

 

 

 

   マンダラの形態 

 

   チベットのマンダラの表現形態は、砂マンダラ、立体マンダラ、絵画のマンダラに分類されます。絵画のマンダラが主流ですが、砂マンダラや立体マンダラもまた深遠な意義を含むものとして、厚く信仰されています。

 ここで砂マンダラと立体マンダラについて簡単に説明いたします。

 

 砂マンダラ

 日本において、砂マンダラは密教伝来の直後には制作されていましたが、手間がかかることとすぐに消失してしまうため、やがて絵画で代用されるようになりました。これに対してチベットでは今日でも砂マンダラが制作されています。砂マンダラは着色した砂で木製の壇上に描くものです。砂マンダラにおいては、マンダラの制作と消失の過程が世界の誕生と生滅を表すものとして宇宙原理に基づいているのです。

 

 立体マンダラ

 立体マンダラは尊格を鋳物や土で制作し、マンダラの形式に配置したものです。また楼閣の雛形の中に諸尊を安置したものも多数あります。代表的な立体マンダラとして、ギャンツェのペンコルチューデ寺の金剛界立体マンダラや、ラサのポタラ宮の時輪立体マンダラ、カトマンドゥのスヴァヤブーナート寺は仏塔全体が立体マンダラとなっています。

 またひとつの建物だけでなく、ひとつの都市自体がマンダラであると考えられることもあります。八母神の寺が設けられているカトマンドゥや、バクタプール。またインドのヴァラナシやチベットのラサもマンダラ都市と呼ばれることがあります。

 

 

                                                         

 

 

   マンダラの種類 

 

 チベット仏教においては新訳派だけでも100種類以上のマンダラが伝えられています。ここで代表的なものについてご紹介いたします。

 

 胎蔵マンダラ

 胎蔵とは「子宮より誕生する」という意味です。このマンダラは大日経に基づいて制作されており、主尊を大日如来とします。行タントラを代表するものであり、ヒンドゥーの影響を色濃く受けています。中国や日本にて最も重要な経典のひとつであります。

 

 金剛マンダラ

 金剛マンダラは「金剛頂経」に基づいて制作されます。主尊を大日如来とし大日という中心と、他の仏や菩薩の交わりによって成り立っています。日本では金剛界の九会マンダラが多数制作され、胎蔵マンダラとあわせて両界マンダラと呼ばれています。

 

 カーラチャクラマンダラ

 このマンダラは時輪マンダラと呼ばれます。現在もっとも多く制作されているマンダラであり、それでいてきわめて高度な意味を含む内容となっています。時輪タントラに基づき、ダライラマによって設計されました。これは個我であり宇宙であり、世界平和と智慧を意味するものです。主尊を秘密仏、カーラチャクラ尊とします。

 

 秘密集会マンダラ

 無上ヨーガタントラを代表するものであり、後期密教のマンダラ理論のすべてが含まれているといわれています。阿しゅく如来を中心として、四方に大日如来、不空成就如来、阿弥陀如来、宝しょう如来を配置します。このマンダラは投華得仏(花を投げて、花が落ちたところに描かれている尊格が守護尊となる儀式)に用いられます。

 

   悪趣清浄マンダラ

 このマンダラは死者を弔うために用いられます。金剛界マンダラが発展した形ととらえられています。

 

 三昧耶マンダラ

 金剛杵や蓮華などのシンボルで描かれたものです。

 

 種字マンダラ

 絵柄が凡字のみで描かれたものです。砂マンダラでは細かい作業ができなかったため、種字マンダラが多く描かれました。  

 

 

                        

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス